看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

特定看護師の抱える問題点

特定看護師は、医療の先進国であるアメリカで既に導入されている「ナースプラクティショナー」を大きく参考にした制度です。特定看護師とは簡単に言って、従来の看護師として行うことが許可されている医療行為の範囲を大きく広げ、緊急の場合の医療対応などができるようにしたというものです。特定看護師という仕事の社会的役割が向上しているのに対し、残念なことに現段階においてきちんと法整備の準備が整っているとはいいがたい状況となっています。それは、特定看護師という存在が一般社会や医療の現場において、まだ一部で誤解されていることも関係があるようです。

特定看護師の抱える問題点として、その権限の大きさが患者さんへの治療に何らかの質の低下を招くのではないかということがあります。特定看護師が業務を開始することになると、それまでは医師にかかって治療を行なっていた内容のいくつかが看護師の手のみで完了することにもなります。特定看護師はアメリカのナースプラクティショナーと違い、完全に看護師に自主性を持たせるものではないのですが、それでも患者さんの多くはそれまで医師の手によっていた行為を看護師だけで終わらせられることに若干の不安を感じる場面も予想されます。

また、現職として看護師として働く人の間で誤解として抱かれがちなのが「特定看護のが創設により、自分が今までやってきた業務内容を奪われてしまうのではないか」ということです。看護師という職の中に上下関係をつけることで、より上級職の人間のみが優遇されることになるのではないかという心配です。しかしながら、特定看護師の役割はそもそも看護師としてこれまで行なってきた業務とは異なる性質を持つものなので、一般の看護師の業務範囲をみれば現在よりも広がることがあっても逆に狭まるということはありえません。

特定看護師の最も大きな問題点は、その認知度の低さや周囲の誤解により、実際の業務に携わることのできる現場が非常に限定されてしまうということです。特定看護師は医師不足に悩む地方の医療現場では大変重宝される存在なのですが、地域格差によってはその存在を疑問視する動きもあります。特定看護師として活躍の場所を求めるのであれば、周囲の理解が得られるかどうかが大きなポイントとなります。適切な求人活動をするためには、マイナビ看護師やナースではたらこ、ナース人材バンクといった専門の転職求人情報サービスを利用するのが最も適した方法です。

↓ 今が無料エージェントを活用して好条件の転職をするチャンス! ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.