看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

特定看護師の業務内容

日本において特定看護師として定義されているのは「医師の指導のもと、薬の変更や手術前後の人工呼吸器の管理、在宅患者の床ずれの処置などを行なえる看護師」というものです。看護の現場にいて働く場合、患者さんの容体が急変した時などであっても、従来の看護師の役割の中では対応できる範囲は非常に限定的となっています。そこで少しでも早く緊急時の看護対応を行えるよう、特定の範囲において医療行為を行うことのできる看護師の必要性が各地で求められてきました。それが特定看護師制度の始まりです。

特定看護師は現在の日本の医療制度ではあまりなじみのないものです。というのは看護師の資格としては既に専門看護師や認定看護師などが法的認定を受けることになっているためです。専門看護師や認定看護師はいずれも日本看護協会の資格認定制度を利用しており、それまでの看護師が自らの専門性を生かし、特定の範囲で精度の高い看護を行えるようにすることを目的としています。ただし、これらの資格認定制度は特定看護師と違ってあくまでも看護の質の向上のために創設されたものであり、前述したような医療行為を医師の許可なしに行うことは出来ないと定められています。

具体的な例を挙げれば2002年までは、看護師の業務として静脈注射は許可されていませんでした。しかし、その当時であっても忙しい臨床現場においては看護師が行うことが日常化しており、法律が現状に追いついていないという「グレーゾーン」が各所で存在していました。特定看護師とは、そのグレーゾーンを明文化することで、何らかのトラブルが起きたときの責任の所在を明らかにするとともに、看護師自らが自分の判断で業務に携わることができるというモチベーションアップを目的とするものなのです。

日本以外の先進国では、看護師が医療行為を行うことは珍しくありません。当然医師の治療とは一線を画しますが、例え簡単な処置であってもきちんと権限を与えておくことでその分患者さんへの適切な対応ができるようになります。特定看護師として働くためには、まず周囲が理解のある環境であることが前提となります。もし、新たな転職先での特定看護師の役割に不安があるのであれば、マイナビ看護師やナース人材バンク、ナースではたらこといった職業的なエージェントを通すのがよい方法です。自分から問い合わせをするのはなかなか大変ですが、そうした専門のスタッフにお願いすることで、確実に必要な求人情報を集めることができます。

↓ 今が無料エージェントを活用して好条件の転職をするチャンス! ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.