看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

特定看護師の担う分野

現在までのところ、正式に権限が認められたわけではない「特定看護師」ですが、そもそもどのような流れの中で誕生したのでしょうか。その背景になっているのは、現在の日本全体で社会問題化している医師不足です。医師不足という深刻な状況の中で提案されたのがこの新しい「特定看護師」という制度なのです。同じく医師についての問題を抱えるアメリカで始まったナースプラクティショナーという制度を日本に適した形で導入してゆこうという人たちが持ち込んだものでした。

昨今の日本においては慢性的に医師不足、看護師不足の危機に陥っています。高齢化社会が年々進む現在では、病院勤務医は常に激務にさらされており疲弊によるストレスや体調不良が問題化しています。さらに過疎化が進む地方地域においては医師が絶対的に不足しており、高齢患者の希望する在宅医療のために足を運んで治療のできる医者までとても間に合わせることなどできません。そこで、医師にかなり近い権限までの医療行為を可能とする看護師の存在が重要となってくるわけです。

特定看護師の本家であるアメリカのナースプラクティショナー制度をもとにして医者の権限を移譲することで、大幅な負担軽減に役立ちます。もっともアメリカのナースプラクティショナーはかなり主体的に医療行為まで行いますが、特定看護師の場合それとは違いあくまでも「医師の指導のもと、薬の変更や手術前後の人工呼吸器の管理、在宅患者の床ずれの処置などを行なえる看護師」と定めています。それでも、簡単な治療まで看護師のみで処理することができれば、医師は重篤な患者の治療のみに集中することができるので、医療業界全体の質の向上に役立つことでしょう。しかしながら、反対に医師免許のない看護師が治療を行うことによる、医療の質の低下を懸念する声もまたあります。今後は法整備とともに、どのように専門知識や技術を備えた看護師を育成していくかが大きな課題となっています。

特定看護師として働きたいと思うのであれば、先進的な研究機関と並立した医療機関を選んで就職することが望ましくなります。看護師は全国的におりますが、現段階でも与えられている権限には大きな差があるのが実情です。もしキャリアアップを視野に入れた転職活動をしたいと考えるのであれば、マイナビ看護師やナース人材バンク、ナースではたらこといった専門の就職情報を扱うサービスを利用して探すのが最も便利な方法です。

↓ 今が無料エージェントを活用して好条件の転職をするチャンス! ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.