看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

専門看護師と認定看護師の違いを知ろう

看護師として働くための資格には、准看護師と正看護師の他に、専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)と認定看護師(Certified Expert Nurse:CEN)があります。専門看護師と認定看護師はどちらも新しくできたばかりの日本看護協会認定の資格です。しかし准看護師や正看護師に比べて専門看護師・認定看護師の一般的な認知度はかなり低く、どのように一般の看護師と仕事内容が違うかはすぐにはわかりません。専門看護師と認定看護師はどのように違いがある資格なのでしょうか。

はっきり言って、専門看護師と認定看護師で明確な業務内容の差があるわけではありません。どちらも看護の現場において各分野別の専門性を持った知識や勤務経験があることで、認定試験を受けることができるようになります。違いがあるとすれば、その専門分野が専門看護師と認定看護師でそれぞれ違うということです。自分の専門としたい分野がどこにあるかによって、専門看護師と呼ばれる資格になるか、認定看護師と呼ばれる資格になるかが決まるといった感じでしょう。

ちなみに専門看護師の専門分野となるのは10種類で「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老人看護」「小児看護」「母性看護」「慢性疾患看護」「急性・重症患者看護」「感染症看護」「家族支援」となっています。認定看護師の専門分野は21あり「救急看護」「皮膚・排泄ケア」「集中ケア」「緩和ケア」「がん化学療法看護」「がん性疼痛看護」「訪問看護」「感染管理」「糖尿病看護」「不妊症看護」「新生児集中ケア」「透析看護」「手術看護」「乳がん看護」「摂食・嚥下障害看護」「小児救急看護」「認知症看護」「脳卒中リハビリテーション看護」「「ガン放射療法看護」「慢性呼吸器疾患看護」「慢性心不全看護」です。

専門看護師も認定看護師も、資格取得はかなり厳しい条件や試験をクリアシなくてはならない資格ですが、現在までのところ認定者が少ないこともあり資格取得がそのまま就業状況の改善につながるケースは多くありません。そのため、認定後にはより専門性の高い分野に積極的に就職するようにし、多くの実績を作っていくことが大切になっています。専門分野での活躍が認められることで、以後輩出されていく認定看護師や専門看護師の待遇改善に大いに役立っていくことでしょう。専門分野の就職先探しには、インターネットを使った求人情報探しが有効です。

↓ 看護師の方に人気の求人エージェントランキングをチェック! ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.