看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師のワークライフバランス


ワーク・ライフ・バランス(Work-Life-Balance)とはその言葉通り、仕事と生活をバランスよく実現した充実性のある生き方です。仕事は暮らしを支え、生きていくために欠かすことはできませんが、同時に人生の生きがいや喜び、生活の充実があります。

しかし近年の現実社会では雇用状態の悪化から安定した仕事に就くことができない人や、「ニート」や「年収300万円時代」と言われるように結婚して子どもを持つという基本的な経済的自立がままならない人も多く見られます。また仕事に追われて私生活を犠牲にするワーカホリック(workaholic)、多忙な仕事は心身の健康を害し、体調不良のみならず、過労死、うつ病などの精神疾患を患い仕事を失う人、家庭が崩壊してしまう人、最悪のシナリオでは自殺者も出てきています。こうしたケースは働く人の将来への不安や生活の豊かさを実感できないことが大きな要因と言われており、社会活力の低下や、ひいては小子化・人口減少にまで影響してきます。

特に看護師の場合、交代制による不規則な勤務、長い労働時間、重労働、休みが取れないなど過重労働が問題視されており、ワーク・ライフ・バランスが積極的に啓蒙されている職業のひとつと言えます。

ある看護師実態調査では看護師たちの「疲労」はピークに達しており、翌日に疲れが残る…、休日でも身体が回復しない…など実に75%(4人に3人)が慢性的疲労を感じており、病気や健康に関わる職業に従事する看護師本人の多くが健康不安を抱えています。こうした疲れは集中力を欠き、ヒヤリ・ハットの誘発や医療ミス・医療事故につながりかねないリスクを持ちます。

また看護師といえば「国家資格」「専門職」ということから結婚し子どもを持っても仕事を続けることができるイメージが強くあります。育児支援や子育てサポートを積極的に謳う医療機関も見られます。しかしながら女性看護師の約70%は出産を機に仕事を辞めており、そのうち25%の人が「仕事を続けたかったが仕事と育児の両立が難しく断念」と答えているそうです。こうした労働環境から看護師は仕事のために身を削り、私生活を犠牲にしている部分が多く、私生活を優先させる場合には職を離れざるをえない選択を迫られているようです。

看護師のワーク・ライフ・バランスを実現させるために、働く時間の長さ(短時間勤務、圧縮労働時間、ジョブ・シェアリング)働く時間帯(複数の勤務時間帯を設定、フレックスタイム制、時差出勤・終業)、働く場所、働き方の選択、業務のバリエーションなど様々多彩な働き方の採用が検討されています。また看護師個々人もワーク・ライフ・バランスを考え自分の人生や生き方を意識的に見つめなおしてみることが大切です。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.