看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

「申し送り」のコツについて


「申し送り」とは要は看護師間の引継ぎ業務で、看護師が勤務終了時に交代する看護師に患者さんの状態や注意点、行ったケアなどを伝えます。特に入院する患者さんを抱える病院では、患者さんの病態を24時間体制で管理・ケアを継続していく必要があり、その間に起こる急な容態変化、緊急手術、急患の搬送に対応することも求められます。予測不能な患者さんの病態に対し、いつ何があっても同じ医療サービスを提供できるよう、看護師をはじめ病院スタッフは二交代制または三交代制で勤務にあたり、その交替時に行うのが「申し送り」です。申し送りは看護師業務のなかでも大切な業務のひとつで、単なる伝達業務にとどまりません。

申し送りでは患者さんの健康状態、施行した処置の内容、与薬の詳細、受け持ちの患者さん一人ひとりの注意点や問題点などを細かく次に勤務する看護師に伝え情報を共有します。患者さんの情報を共有することにより、適切な看護ケアを継続的に効率よく提供できるため、質の高い医療サービスにつながります。また申し送りを行うことで看護師自身も受け持ちの患者さんの状態や業務内容を再度確認することができ、1日の仕事の完結となります。

この「申し送り」は、忙しいスタッフ交替時に大切なことを簡潔に分かりやすく伝えることが必要なため、苦手な看護師も多く特に新人看護師へのプレッシャーやストレスとなることが多いようです。確かに慌しい業務の中で患者さん一人ひとりについて把握し、伝えなければならない内容に間違いや不備が許されないため、上手く「申し送り」することは容易ではありません。

「申し送り」のコツは簡潔に分かりやすく、要点や特徴的な観察項目に絞って伝えることです。患者さんの情報全部を言ってしまっては内容がぼけて重要な部分が分かりにくく時間もかかってしまいます。また抽象的な表現をやめ、例えば熱が39度まで上がった…というように具体的に伝えるよう努めたり、伝える内容を忘れがちな人は、頭、肺、腹部、下肢…のように頭から順番に言ったり、上手な人の真似をするのも良いでしょう。上手く伝えるためにはまず内容の理解が前提となるため、患者さんの状態を頭で良く理解し疾患や不明な点は勉強しておくことも「申し送り」上達のコツです。

そんな「申し送り」ですが、最近では看護師の負担軽減や業務効率化のため、申し送りの時間短縮、重要患者に限定した情報の共有、申し送りをPC管理しシステム化を図るなど申し送り自体を廃止する動きもあるようです。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.