看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師1年目のモデルケース


看護師1年目は右も左もよく分からず、目まぐるしく毎日が過ぎていく年です。先輩看護師にしっかりついて日々勉強する毎日を重ねることで少しずつ自信を持ち、看護師として自立していきます。看護師1年目に任される日々の業務としては、患者さんのバイタルチェック、採血、注射など基本的なことから仕事をスタートし、病院に慣れてきた頃に医療機器(輸液ポンプや心電図)を使っての看護に進展し、看護全般・管理などを業務としてこなしていきます。

まず4月に入職後すぐには、新人オリエンテーションがあります。新人オリエンテーションでは社会人としての心構え、マナー、勤務上の規則やルール、病院の理念、配属先の目標、基本的な業務の流れやシステムなど、看護師としてその勤務先で働くことに必要なことを学びます。まだ入職したてで自分の理想の看護師像や将来のビジョンは持ちにくいかもしれませんが、病院の理念や配属先の部署がどうゆう考えを持ち、どんな医療を目指しているのか、ということは心にとめておく必要があるでしょう。仕事を進めていく上での指標になります。また業務の流れやその病院が採用するシステム(看護方式や教育体制)は異なってくるので、まずは就職した先に準じて早く仕事の流れをつかむことです。

何となく病院に慣れた5月になるとプリセプターシップや夜勤研修などが入ってきます。プリセプターシップがスタートすることでより仕事が実践的になり、色々と教えてくれる心強い先輩ができます。また夜勤勤務はスタッフが減り入念な観察やラウンドが必要になるのでそうした観点から夜勤勤務ができるようトレーニングがあります。6月になると仕事をスタートして3か月目ということもあり、これまでのプロセスを見直し次につなげていくフォローアップ研修があります。その後、夜勤勤務を一人で任されるようになり、入職から半年が経つ9月頃を目途に再度、業務の見直しや改善点を話し合うフォローアップ研修があります。

半年を過ぎた頃からはプリセプターシップにそって業務をこなし、定期的にフォローアップ研修でプロセスを振り返り、少しずつ仕事の範囲を増やしていきます。そしてあっという間に1年が終わり、2,3月は1年間の業務プロセスをリヴューし、次に入ってくる新人看護師のための心構えや準備をして新人を迎えます。

看護師1年目はプリセプターシップを中心に業務展開し、看護師として少しずつステップアップしていく時です。知識の乏しさに勉強に対する焦りや焦燥感を感じる時でもありますが、まずは毎日の業務を大切にし、疑問や分からない点を勉強して実践に移すルーティンを繰り返すことです。そうした積み重ねが大きな力となって3年目、5年目に花開いていくはずです。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.