看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師免許の更新について


看護師になるには看護師専門学校や看護大学などの看護師養成教育を3〜4年修学し、厚生労働省が管轄する看護師国家試験に合格後、免許申請を経て看護師免許が交付となります。看護師免許は申請により看護師籍として厚生労働省下に登録され、免許交付・取得となります。免許の申請・交付は住所地を置く保健所で行っており、紛失による免許再交付の申請、死亡などによる登録抹消の申請、本籍や氏名に変更が生じた場合に籍の訂正や書換えの申請など、諸事情によって手続きが必要です。

現時点では看護師免許の更新が実施されていませんが、2005年より厚生労働省は「医療の安全と人材確保」を目的に看護師免許の更新制に関する検討を始めており、免許の更新が制度化されるのも時間の問題と言えます。看護師や医師の免許更新制については、相次ぐ医療事故やヒヤリ・ハットの事例、医療訴訟などを受けてたびたび論議、話題となりましたが実施に至っていません。

そうした看護師や医師の免許更新制に先駆けて、2009年からは教員免許が更新制を導入しています。教員の免許更新制は、その時々で教員として必要な最新の知識技能を身につけることを目的とし、更新時には2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要になります。平成21年4月1日以降に授与された教員免許状に10年間の有効期間が付され、平成21年3月31日以前に免許状を取得した者にも更新制の基本的な枠組みを適用するとしています。

更新制を導入するに当たり、特にポイントとなるのは「必要な最新の知識技能を身につける」のくだりです。免許更新制度は免許の質を維持するためであり、決して不適格者の排除を目的としたものではない、前向きな制度として考える必要があります。ここは看護師の免許更新制度を考える上でも参考になる部分です。

特に高度化・複雑化する医療の最前線に立つ看護師にとって、専門性の高い知識や技術力を常に学び習得していく向学心や自己研鑽が求められます。多くの看護師は忙しい仕事の中で日々アップデートされる医療情報や医学知識を自力で得る努力をしているでしょうが、個人の努力で最新の専門知識や技術力を維持、向上させていくにも限界があります。免許更新を機に実技も含めて最新の医療知識・技術を学習し、医療現場にアウトプットしていくシステム作りは実は現場からも羨望されているのです。日々進歩し続ける医療に遅れを取らないよう常に自分のスキルを磨いておくことは専門職としてとても重要なことなのです。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.