看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師の服装について


看護師の服装といえば真っ白で頭はナースキャップ、足もとはナースシューズと独特の「白衣の天使」スタイルが多かったのですが、安全性、清潔感、仕事への適応性などから看護師の服装も変わってきました。ワンピースが主流だった白衣ですが、今はパンツスタイルの2ピース、スタンドカラーで肩のところがボタンになっているものが多いです。白衣の色も白に限らず、病院によっては淡いピンク、ブルー、グリーン、珍しい色ではグレーなどもあります。

病院に入院する患者さんも高齢化が進み、看護と同時に介護・介助を必要とする患者さんが増えています。患者さんをストレッチャーや車椅子に移乗させたり、入浴やトイレの介助では身体を支え、重たい医療機器の運搬や準備もしなければならない看護師の仕事は重労働で体を使うことが多々あります。こうした仕事にはスカートよりもパンツスタイルの方が動きやすく安全なため、パンツスタイルに移行しています。

今は安全性と衛生面から看護師の象徴であったナースキャップの廃止が進んでいます。ナースキャップは細菌や病原菌の温床となって院内感染のリスクを持つことが判明し、実務的にも点滴セットに触れて転倒したり、チューブが外れかかったり、精密な医療機器のボタンに触れて誤作動させたりなど、医療事故につながる原因となっていたこともあることからほとんどの病院でナースキャップを見なくなりました。

またナースキャップの廃止に続きナースシューズ(つま先部分が空いたサンダル型のシューズ)も衛生面、安全面を考慮して少なくなってきています。注射や点滴の針、劇薬、血液が落ちた場合のリスクを考えて今は靴を履いて仕事をしている看護師が多いようです。

また病院は病気の治療をおこなう一方で様々な病原体、細菌、ウィルスなどが集まる場所であり業務上、患者さんの嘔吐物や汚物などを取扱うこともあるため、看護師の服装には身を守る防護の役割を持ち適切な衛生管理が必要です。しかしながら病院によって制服の貸与数や衛生管理は様々でほとんど場合、自己管理の範囲です。ある病院の制服管理システムでは更衣室に制服のサイズや種類を揃え、スタッフは出勤時に着る制服を選び、退職時に使用済みポストへ返却し、クリーニング等の衛生管理は病院が一括管理しています。制服を無駄に貸与することなく衛生面も均一に保たれるやり方です。

看護師の服装は安全性や衛生面を考慮した上でより業務上実用的、機能的なものに変化しています。また職場上、病気や汚物など汚い部分も多いため清潔感が肝心です。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.