看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師のエリートコースは?


看護師は看護師専門学校で3年間修学し、国家試験に合格して看護師としてスタートを切り、ある程度の職務経験や周辺スタッフからの人望を得て主任、看護師長、総看護師長とキャリアを積んで行くのが一般的でした。昔は看護師になるほとんどが看護師専門学校卒業者で大卒看護師が稀でしたが、看護師の世界も高学歴化が進み、最終学歴が出世にも影響しはじめているようです。看護師専門学校卒業者が多かった時代では、大卒でなくても部長や師長になってキャリアを積んで行く人は大勢いましたが、今の時代は現在進行形で大卒化、大学院卒化が進み管理職につく看護師は学歴を求められる時代がきています。

高度化する医療、進歩する医学では学ぶべき知識や技術量が増え、高い資質を備えた医療人を養成するために、薬学部は平成18年より教育体制が6年制となり、看護師においても学生の4年制志向、大学進学率は高まっています。さらに大学院修士過程において専門看護師(Certified Nurse Specialist;CNS)が取得できるようになり、院卒(修士号)看護師は今後も増える傾向にあります。専門看護師取得には5年間の実務経験を必要とするため、大学卒業後一旦就職した後、改めて大学院へ入り専門看護師となって現場へ戻る、またはさらに進学して研究を積み、医学博士や保健学博士など博士号(PhD)を取得する看護師も出てきています。

このような高学歴化が進む中、看護師役職は年功序列とか勤続年数とか、看護の職は技術や経験という考え方は時代錯誤にきているのかもしれません。大学院卒業程度の学歴がないと看護師長クラスの出世、エリートコースにのることは難しい傾向にあるようです。

看護師の高学歴化に加え、高度化する医療、複雑化する医療の中で、より質のよい医療を実現していくために、専門看護師、認定看護師、特定看護師などのように専門性を習得しスペシャリスト性を磨く動きも活発です。こうした資格を取得することで看護師が行うことができる医療行為の範囲が広がり、医療の充実化と迅速な対応を可能にします。また高い専門性を持つことで看護師のチーム医療に貢献し、特定の疾患により専門的看護や適切なケアを集中することができます。さらに医療従事者の間では看護師と助産師、看護師と保健師、看護師とケアマネージャーなどのように資格を複数持つダブルホルダーも多く、社会的動向に応じた看護師としての付加価値を見出す人が多くなってきています。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.