看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

Wワークは可能か?

Wワークとは仕事をしている人が本業を持ちながら本業以外の仕事を持つ、要は仕事の掛け持ちです。最近は景気や経済動向の低迷から収入が落ちたり、長期休暇が増えて空いた時間ができたため、本業に加えて別の仕事もするWワークが増えているようです。

本業以外に単発の仕事をするというよりは、パートのように就業時間が短く規則的な仕事を2ヵ所、3ヵ所と掛け持ちするケースも多く見られます。看護師の方でもWワークをしている人は多く、Wワーク可能な求人広告も少なくありません。しかしWワークする場合、就業先の就業規則に反していないことを確認する必要があります。就業先によっては副業を持つこと・Wワークを禁止している所もあり、規則に反した場合には解雇される場合もあるため、まずはよく確認です。

Wワークをすることで空いている時間を有効に活用することができ、いろいろな職場で働く経験を得ることができます。例えば小さなお子さんや親の介護で時間が限られる場合には、午前中のだけのクリニック、健診センター、介護のデイサービスなどでパート勤務や、収入を多く得たい場合には休日に夜勤専従のアルバイトをするなどその働き方は様々です。こうしたWワークをライフスタイルに合わせてできるのも看護師という専門的なスキルと資格、そして多種多様な形で看護師ニーズがあることに尽きます。

看護師にとってはWワークすることで収入が増え時間を有効活用できることに加え、職場経験が大きなメリットになります。病院は勤務先によって求められる仕事、仕事の進め方、業務スタイル、システムなどが各医療機関で異なります。そのため1カ所でしか勤務経験がない場合には看護スキルに偏りが生じ、‘看護師なのに注射1本打てない’などということになりかねません。特に日々進歩する医療についていくためには、長いブランクが時にリスクとなるため隙間時間を使って技術を鍛錬しておくことは大切です。Wワークにより様々な医療機関で知識・技術・経験を積むことができ将来のスキルアップやキャリアにつながっていきます。

しかし一方で掛け持ちしている職場両方に責任を持ち、役割を果していかなければなりません。各職場の業務をこなすことはもちろん、時間、日程、体調などしっかりとした自己管理が必要とされます。Wワークをはじめる前には仕事量や日程調整などの状態を確認し、自分にそれを責任持ってこなすだけの精神力と体力があるかどうか充分考慮してから始めることが大切です。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.