看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師の給料について

看護師の給料は勤務する病院規模、経営状態、勤務地域、役職や資格手当の有無などに加え個人の夜勤・宿直回数などによっても変わります。年齢や勤務経験を考慮しない看護師給料の平均相場は月給約30〜35万円、年収約450〜470万円となっています。年齢別の年収では20代;350万円、30代;480万円、40代;660万円ぐらいが平均的な看護師の給料です。

医療系ではダントツで医師の年収が高く(約1,200万円)、次いで薬剤師や診療放射線技師(500万円以上)、その次ぐらいにランクインしてくるのが臨床検査技師や看護師で、理学療法士・作業療法士・准看護師が続きます。看護師職は医療従事者の中では決して高い給料ではありませんが、サラリーマンや一般的な職に就くOLさんよりは高い給料・年収を見込むことができる職業です。

看護師給料の傾向としては、初任給が企業に勤める一般職に比べて高いのですが、その後の昇給率は決して大きくありません。コツコツ勤続年数に比例して給料が上がっていくタイプの職種です。また病院規模や勤務先によって給料差が見られます。経営が健全な大規模病院の場合、賞与や福利厚生が充実していることが多く、地域医療に密着したクリニックや診療所勤務では支給額が少ない傾向にあります。これは仕事の忙しさや求められる看護師としてのスキルや職能にも比例し、病棟を併設する大病院では夜勤や宿直勤務は避けられず仕事はおのずとハードになりますが、町のかかりつけ医の場合には融通が効いたり、ある程度自由に働くことの出来る環境があります。

看護師給料に関わってくる要素は病院規模や勤続年数の他に、各種手当てや地域差があります。看護師も経験、スキル、人望などから主任、看護師長、総看護師長と役職が付けば給料がUPします。有名大病院の総看護師長ともなると年収1,000万円というケースもあるようです。特殊な現場に立つことの多い医療従事者には手術室やX線を使う業務に対する危険手当、HIVや結核など感染症を扱う特殊業務に対する感染症手当、緊急や救急医療にスタンバイするオンコール待機手当、赤ちゃんの誕生に立ち会う分娩手当、難病患者を診察する特殊疾病取扱手当など、勤務先の福利厚生基準によりますが様々な手当てがあります。

看護師の給料は一般サラリーマンやOLより高いものの、勤務先による差や仕事の忙しさに比べて割が合わないこともあるので、自分の看護スキルに対する適切な給料・年収を見極めることも大切です。給料・年収UPさせたい時には転職やキャリアチェンジしてみるのも一つの方法です。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.