看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

新人看護師のプリセプターシップ

新人看護師のプリセプターシップとは、新人のプリセプティーに教育係のプリセプターが一人ついて教育や業務指導を行う制度です。いわゆる一般企業でいうところのOJT(On The Job Training)です。プリセプターシップ最大のテーマは「看護師として自立する」ことで、新人に先輩がつくプリセプターシップの期間は各病院によって異なりますが、約3ヶ月〜1年程度一緒に業務を行い、新人看護師はその中で看護業務を学び指示指導を先輩に仰いでいきます。

人の生命を預かる医療の現場、ミスや間違いが絶対に許されない職場は新人でなくても緊張が耐えません。それが新人であればなおさら緊張や不安が強く、それだけに新人看護師はどうしても自分の知識や技術に自信が持てず、職場で能力を発揮できなかったり、極端に萎縮してしまうケースが多々あるそうです。先輩・プリセプターがそばにいることで看護師としての自信をつける狙いもあるそうです。

また新人看護師を教育・指導していくことは、先輩看護師にとっても自分を高めることにつながります。人にものを教えるためには、教わる側の何十倍も物事について知っている必要があり、自分の技術や知識を教えることで自分の仕事を改めて認識し、新人に分かりやすく伝えることで、プリセプター自身も理解を深め成長していきます。こうしたプリセプターシップは新人看護師にも先輩看護師にも教育的側面からメリットの多い制度として導入されています。

しかし新人と先輩看護師が上手く行けば非常によい相乗効果が期待できますが、その一方で新人はプリセプターを選べない、必ずしも教えるのが上手だとは限らない、異常に厳しい人の場合もある他、プレッシャー、責任転嫁、仕事量が増える、能力差などプリセプターシップのデメリットもあり、制度を廃止する医療機関も出てきています。

つまり、新人看護師の教育・指導をプリセプター1人に全部任せるのではなく、複数の教育担当者もしくは病院全体で新人を育てていくという体制や考え方にシフトしているようです。プリセプターシップを廃止したことでプリセプターの精神・業務的負担が軽減され、プリセプティーも自立しようとする姿勢が出てきます。職場全体で新人を育てる環境を作るには、指導する側はオープンマインドを持ち且つ指導方法・内容・表現の仕方などを統一し、新人は自ら積極的に周囲とコミュニケーションを図る姿勢が求められます。

新人看護師の教育体制は離職にもつながる看護・医療業界全体の課題でもあるため、プリセプターシップをはじめ、より良い教育体制の検討と充実化が重要です。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.