看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

面接対策をしよう

就職や転職活動で避けて通ることができないのが応募先との「面接」です。苦手意識が強い人も多い面接ですが、就職・転職の採用の合否は80〜90%が面接で決まると言われています。

特に看護師の場合、学校卒業後の就職先は自動的にその学校附属の病院に勤務することになったり、または提携病院に就職が決まっていたりなど、いわゆる就職活動の経験がなく面接に戸惑う看護師の方もいるでしょう。しかしながら採用を勝ち取るには、面接の場でどれだけ自分の人間性、看護師としての資質や能力を相手に知ってもらうことができるかが重要です。面接で緊張したり、上手く自分を表現できないことは仕方がないことですが、十分な準備とイメージトレーニングを積んでおけば、本番で納得の面接になるでしょう。そのためにもしっかりと面接対策をして本番に臨むことが大切です。

面接で面接官は、この後もしかしたら一緒に働く仲間になるかもしれない応募者に対し「志望の動機」「この病院を志望する理由」「この病院のどこに興味や魅力」を見出して応募してきたのかという点を特に知りたがっています。一緒に働く仲間が同じ目的意識や同じ目指す方向性を持っているか否かが大変重要だからです。また面接官は質問のやり取りの中で話題を展開し、抽象的な質問を投げかけたりもします。こうしたことで応募者の理解度や判断力を見たり、自己表現からその人の人間性・性格・仕事の適正などを引き出したりして人物を評価していきます。

面接で緊張しない、または自分を自分らしく表現するには、応募する企業と自分自身について徹底的に調べ上げ、頭できちんと理解し、自分の言葉で意見や説明ができるまで毎日訓練することが大切です。応募先については募集要項やHP、会社四季報、関連するWEBサイト、新聞や雑誌などできるだけ多くの情報ツールを使って応募先の特色、沿革、規模、理念、将来性、業界動向などを調べて応募先に詳しくなっておきましょう。

自分のことは分かっているようで、実は曖昧なもので、いざ面接の場で自分のことを話そうとしてもなかなか自分を表現できないものです。志望動機はもちろん、自分の性格、長所・短所、夢や目標などは一度きちんと頭の整理をし、面接で聞かれたら言いたいことや自己PRしたいことはまとめておくと良いでしょう。

面接の基本ルールとして遅刻はいかなる理由があっても論外です。面接場所、交通手段、所要時間などは事前に確認し、面接当日は最低でも10分前までには到着して手続きを済ませます。また面接のマナーとして入退室の仕方、挨拶、お辞儀がきちんとできるよう基本所作を確認し練習をしておきましょう。面接から帰ったらお礼の手紙やEメールを送るのも好印象につながります。笑顔と自信を持って臨むことも忘れてはなりません。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.