看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師の求人状況

看護師不足が常態化しどの病院も看護師の確保に苦慮しており、外国人看護師の受入れがフィリピン、インドネシアに続き2011年11月ベトナム人看護師の受入れが首脳合意され、依然として看護師の求人情報が多いところを見ると、看護師は売り手市場、就職率は100%以上と考えて良いでしょう。

看護師の市場動向は一貫して有効求人倍率が高止まりしている状態で、医療現場サイドからすれば看護師不足の状況が続いていることが分かります。他の職種のでは求人状況にシーズン性(一般企業の場合、決算後やボーナス後に人の動きが見られることが多い)がありますが、看護師の場合は年間を通して高い有効求人倍率となっているようです。

厚生労働省が毎年発表している保健師・助産師・看護師の求人状況では、ここ数年有効求人倍率は2.3〜2.6倍となっており、看護師一人に対して約2.5件の求人があります。他の職種に関しては一般事務職で0.12倍、販売職で0.49倍の有効求人倍率となっており、求職者一人に対して一社以下の求人のため、就職先を奪い合う状態にあります。非常な就職の厳しさが伺えます。

看護師という職業は病気やケガをした人をケアするスペシャリストです。高い専門性とスキルを持ち、生涯にわたってプロフェッショナルに活躍することができるだけでなく、病気や健康に関わる職種であることから、たくさんの人たちや社会に対する貢献度が高くやりがいもあります。そうした「専門性」「資格力」「安定性」など看護師の魅力から人気の高い職業、志望者も多い職業ですが、高い離職率、多くの看護師が出産を機に退職する、潜在看護師(資格を持ちながら現場で働いていない看護師)が復職しない、定着率が悪いなど看護師不足の要因は多々あります。

看護師は魅力ある職業の反面、やはり3K職でキツイ・キタナイ・キケンな職業です。特に労働環境は過酷さを極めます。変則的な交代制勤務、長時間労働、重労働、残業や勉強会も多く常に緊張やプレッシャーを感じながら仕事をしなければなりません。

しかしながら看護師の高い離職率や深刻さを極める看護師不足を受けて、看護師の職場環境も少しずつ変わろうとしている部分があるのも事実です。短時間正職員制を導入して働きやすさを追及し、新人看護師の教育体制にも力を入れています。さらに看護師を管理するマネジメントの意識もスタッフが働きやすい環境をより重視するようになってきています。その後に必要なことは看護師一人一人の希望の働き方と多種多様な医療機関を上手くマッチングすることです。就職先が潤沢にある今、看護師にとっては理想の職場を探すチャンスでもあります。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.