看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師の平均勤続年数

看護師が一つの病院に勤続する平均年数は約3〜7年と言われています。一般的な看護師の経歴は高等学校を卒業後、看護師専門学校へ入学し3年間修学した後、国家資格を得て看護師として働き出します。この時大半の人が21〜22歳の20代前半です。21歳から働き出し7年間勤務するとその頃には28歳、直ぐに30代を迎える年齢です。女性が多い看護師の職場は、同じぐらいの時期に結婚や出産などのイベントを迎える年齢にもなるため、勤続7〜10年で人生の転機として辞めていく看護師も多いのでしょう。

また結婚や出産といったこと以外にも勤続7〜10年を経て30代に入り、体力的なものや仕事の方向性を見直し職場を辞めていく、もしくは職場を変える看護師もいます。

看護師は心身ともに健全で自分の健康管理をどう維持していくか、看護師共通の課題です。仕事は二交代制や三交代制など不規則な勤務サイクルに加え、長時間労働、体力的にも精神的にもタフさを求められ、身体への負担は大きなものがあります。20代は若さと気力で乗り切れた過酷な仕事も、30代の体力ダウンはどうしても避けられません。過酷な仕事、疲労の蓄積で体調を崩し第一線を退かざるを得ない看護師もいるので体力的に続かなくなる看護師もいるでしょう。

さらに勤続5〜7年を超えてくると看護師としてベテランの域に入ってくる頃です。仕事場に慣れ、人間関係が構築され、新人看護師に背中を見られるという部分でやりがいや充実感を感じる看護師もいるでしょうが、逆に状態を冷静に見ることができる時期でもあるため、毎日続くルーティンワークにいつしか目標を見失ったり、モチベーションの持ち方を迷ったり、将来のキャリアアップの方向性を迷う看護師も多いのではないでしょうか。

一般的な企業に勤務する場合、勤続年数がその人の職能キャリアや仕事に対する忍耐を表すことが多いため、短いよりは長い方が「よし」とする雰囲気があります。勤続年数が短すぎる場合、その職能スキルが充分でない、または仕事の継続性がないなどその人の忍耐力や気力に対してもマイナス評価になる傾向があります。

その反面、看護師はあまり勤続年数の影響を気にすることなく、むしろ複数箇所の医療機関で職務経験がある方が看護スキルに偏りがなくバランス感覚を養うこともできます。看護師という職業は高い専門性と技術を持ち病気の治療を支える看護のスペシャリストです。その高い職能は生涯にわたり様々な所でプロフェッショナルに発揮することができます。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.