看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師の違いには様々ありますが、大きくは免許の交付元、看護師としてのキャリア形成、給与等が違います。

看護師は厚生労働省が行う看護師国家試験に合格し、国から看護師免許が交付され医師の指示を受けて医療行為に当たるのに対し、准看護師は各都道府県が試験を実施し都道府県知事より免許が交付されます。このまず国家資格と知事資格という点で看護師と准看護師は大きく異なります。

業務上では看護師は医師の指示を受け、准看護師は医師または看護師の指示を受けて患者さんの療養上のケアや診療の補助などの看護業務に従事します。准看護師の仕事は、患者さんの健康状態やバイタルチェック、服薬の管理、診療の補助、一人でできない患者さんに対して食事・入浴・トイレなどの介助、ベッドメーキングなどを医師や看護師の指示を受けて行います。指示があれば点滴や注射も行うため、実際の仕事は看護師とほとんど同じと言って良いでしょう。しかしながら准看護師の場合、臨床経験を積み、豊富な看護知識やスキルが看護師に劣らなくても看護部長や看護師長など看護師や病棟を管理するマネジメント職に就くことはできないようです。

また医療の高度化や飛躍的な医療技術の進展を受けて看護師も高学歴化が進んでいます。特定看護師制度や専門・認定看護師などより高度で専門的な看護技術を身に付ける看護師も多く、看護専門学校卒業の看護師よりも看護大学や大学院卒の看護師も珍しくありません。さらに外国人看護師の受け入れも進む中、歴史的背景からもどうしても看護師のサポートを抜けられない准看護師は資格廃止が常に取り立たされてきたように今後も厳しい立場であることは避けられないでしょう。

さらに看護師と准看護師には給与の違いがあります。准看護師の給与は看護師の給与より1〜2割程度低く、両師の平均給与間には常に5〜6万円の開きがあります。准看護師の平均年収が約360万円であるのに対し、正看護師の平均年収は約440万円と年収にも80万円もの差があります。

業務上は同じような仕事をしながらも、待遇面や給与面に違いがあるため准看護師の多くは看護師を目指します。准看護師から看護師になるには看護師学校養成所(2年課程)や、看護短期大学(2年課程)を修了し国家試験に臨む、また実務経験が10年以上ある人は通信制の看護師学校養成所で勉強し国家試験を受けることができます。いづれにしても働きながら学業を両立させ看護師を目指すことになります。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.