看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

看護師と保健師の違い

看護師と保健師は類似しているようで業務内容も社会的役割も大きく異なり、働くフィールドも違います。また保健師は、看護師資格を取得した後に保健師養成課程を経て保健師国家資格を取得しているため、保健師が看護師として働くことはできますが、看護師が保健師として働くことはできません。

保健師とは、保健指導・地域の保健活動・健康教育などを通じて病気の予防や人々の健康維持・増進を支援する健康と保健のスペシャリストです。看護師が特定の患者さんに対する病気やケガの治療に従事するのに対し、保健師は地域住民全員を対象にした健康を守る仕事に従事します。そのため看護師が病院や診療所などの医療機関で働くのに対し、保健師は市区町村の保健所、保健センター、病院、学校、企業、介護施設など様々な機関に勤務して皆の健康を支えます。

保健師の主な仕事となる地域住民の健康を守る活動では、健康診断の実施、病気を予防するための保健指導、健康調査、病気の予防策を考えるなど、健康を守るためにすべき対策を考えます。赤ちゃんやお母さんに対する母子支援活動では、赤ちゃんの健康診断の実施、発育状態の確認、育児不安や悩み相談を受けて、健全な育児環境をサポートします。必要があれば家庭訪問などを行い、母子を見守るのも保健師の仕事です。その他にも感染症対策、高齢者や難病患者、障害者、在宅療養者など社会的弱者に対する支援サポート、メンタルヘルスケア、子どもたちのカウンセリングなど幅広く活躍します。

保健師が行う保健活動は特に決まったかたちのサポートや支援パターンがあるわけではなく対象者一人一人に合わせて、試行錯誤しながら最も良い方策を探っていかなければなりません。治療方針が決まっており、患者さんに的確な医療行為を行っていく看護師の仕事とは違います。

既に看護師として働いていた人が保健師を目指す場合には、保健師養成専門学校か看護系大学に編入して保健師としての勉強1年間を積むことで保健師試験の受験資格を得、国家試験に合格して保健師となることができます。

仕事の内容としては大きく違う看護師と保健師ですが、両職業とも女性の特性を生かした魅力ある仕事という点に共通します。両職業とも専門知識と高いスキルを持ったプロフェッショナルな職業であり、社会的自立性、経済動向や不況の影響を受けにくい安定性、国家資格という点から結婚や出産によるキャリア影響を受け難く特徴があります。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.