看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

ケアマネージャーの資格を取得する

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは在宅で介護保険や各種施設サービスなどを利用しながら生活しようとする方を支援する職業で、医師・看護師・薬剤師・保健師・助産師・栄養士・社会福祉士などの資格を持ち、且つ医療・福祉・保健機関で5年以上の実務経験があれば受験資格があります。介護支援、保健医療サービス、福祉サービスなどの問題から構成されるケアマネージャー試験に合格することで公的資格を得、ケアマネージャーとして活躍することができます。実際にはケアマネージャー試験に合格後、実務研修を受講しケアマネージャーの登録を行い、各都道府県より介護支援専門員証の交付を受けてから、実務開始という流れになります。

ケアマネージャーの仕事は、介護を必要とする方を介護保険制度に基づき「介護を要する状態」であるということを認定する(要介護認定)ために必要な申請や手続きを行います。また介護を必要とする方一人一人にあった介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、介護保険制度を最大限活用して適切且つ、効率よく満足度の高い介護内容を組み立てることもケアマネージャーの仕事です。

さらに介護サービスを利用する方と介護サービスを提供する側の調整やマネジメントもケアマネージャーの大切な仕事です。介護サービスの進捗状況の確認、サービス利用者側からのフィードバックを受けて介護内容の見直しや改善、人員配置の調整、施設・サービス機関との調整など介護サービス全体をマネジメントしていきます。このように、ケアマネージャーは介護サービスを利用する方と介護サービスを提供する側の間に立って介護サービスを円滑に進める役割を担います。

平成21年版高齢社会白書によると日本は2008年10月1日現在、総人口は1億2,769万人でそのうち65歳以上の高齢者人口は2,822万人、高齢化率22.1%(5人に1人以上が65歳以上)という超高齢化社会を迎えています。高齢化率7%の高齢化社会、14%の高齢社会を通り越し、高齢化率21%以上の状態を表す世界的にもトップレベルの「超高齢化社会」です。

そうした社会で欠かすことができない制度が介護保険制度であり、この制度を最大限活用し介護や超高齢化社会を生きるために、ケアマネージャーの存在は必要不可欠となっています。市場ニーズ、社会的役割や貢献度が高く、看護師をはじめ医療従事者にとっては知識や経験をケアマネージャー業務の中で活かすこともできるため資格取得を目指す人が増えています。ケアマネージャー資格を取得することで仕事の可能性が広がり、キャリアアップにもつながるため取得メリットが多く将来有望な資格です。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.