看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

オーストラリアで看護師を目指す

国際化が進む今、看護師たちの中には海外で看護師として働く、または海外で看護師を目指す人も増えてきています。特に留学・渡航先として人気もあり、看護教育に優れる点から看護師を目指す人が多いのがオーストラリアです。

オーストラリアは世界でも有数の医療先進国と言われており、オーストラリアでは患者さん権利、プライバシー、インフォームド・コンセントの重要性、病気の告知や治療の選択など、倫理・道徳・人道的観点に基づく看護教育に力を入れており医療水準の高さがうかがえます。また日本の看護教育に比べて臨床研修時間が長く取られ、アロマセラピー、リフレクソロジー、アートセラピーなどリラクゼーションや心のケア的な分野も学ぶことができます。さらにカリキュラムは自主性や自立性を促すように組まれており、プロフェッショナルな質の高い看護を学ぶことができる環境です。

オーストラリアで看護師になるには、まず日本の看護師資格がない場合にはオーストラリアで看護師(Registered Nurse)の資格を得るために大学、または同等の高等機関において学士号以上の学位を取得します。オーストラリアの看護学の学士課程は3年、修士課程1〜2年、博士課程2〜5年となっています。学士課程を修了し看護学士号を取得した後は、オーストラリア各州の看護登録機関で登録すると看護師の資格を交付され、新卒は臨床経験がないため通常は病院の新卒プログラムに1年間参加し、その後本格的に就職し看護師として活躍していきます。

日本の看護師資格を持っている人は、コンバージョン・コース(Conversion Course)、プレレジストレーション・コース(Pre-registration Course)を履修し修学することでオーストラリアの看護師資格を取得することができます。

またオーストラリアの学士号課程に修学せず、オーストラリアの看護師資格を取得する方法もあります。日本での看護師としての資格、職務経験、語学力(IELTS 7.0)などの証明書類を看護協会に提出すると、オーストラリア各州の看護協会は提出書類を審査し、申請者が看護師として登録するのに必要な条件(オーストラリアで臨床実習を含む必要コースを受講しなければならないなど)をフィードバックしてくるので、それに準じてコースを受けるなり、プログラムに参加します。しかしこの方法は非常に高いレベルの語学力 (IELTS 7.0またはOET: Occupational English Test B)を必要とするため、実際にオーストラリアで学士号を取得せずに看護師の資格を取得することはかなり難しいかもしれません。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.