看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

※「夜勤専従」の求人情報を効率良く探すには、ページ下部のランキングをご参考に

労働条件で選択 夜勤専従

「日勤だけ」という求人が増えていて、そういう働き方が出てきたことは、 同時に「夜勤だけ」という求人もたくさん出てきているわけです。 病院自体は24時間体制であることには変化はありませんから、 「日勤だけ」の分、「夜勤だけ」も確保しないと看護体制が維持できなくなります。 働き方も多彩で、常勤もあれば、派遣やパートもあり、夜勤1回につきいくらという働き方も有るようです。

「夜勤専従」を望む人の理由はまちまちだと思います。 「日中は親御さんの介護があるため夜だけ働きたい」とか、 「子どもが手を離れたので、収入の多い夜勤だけで働きたい」とか、 「日中学校に通うために、夜勤を単発で入れたい」など、 いろいろありますが、いずれもやむを得ない事情でそれを選択しています。

自分の家族のためとか、自分のキャリアアップのためとか、 周りの人の了解が得られやすくないと、協力も得られませんし、かえって迷惑をかけてしまうこともあります。 単純に収入のことだけでそれを選択すると、体を壊したりして長続きしませんので、辞めたほうが良いでしょう。

転職情報サイトでは、コンサルタントさんがその辺の事情を良く考慮にいれて、 あなたに親身になって相談に乗ってくれます。 「夜勤専従」というのは、やはり大変ですから、その夜勤の中身についてよく吟味しなければなりません。 夜勤は通常、2回程度の仮眠時間をとって長時間従事します。 夜は通常、入院患者さんも就寝していますから、それだけならば楽ではあります。 しかし、注意が必要な重篤な入院患者さんが入ってきたりすると、常に看護体制でなければならなくなります。 他にも急患や、事故などのけが人、急病の患者さんが救急搬送されてきた場合などでも、

仮眠時間など無くなって、朝まで忙しくなったりします。 夜勤での実際の体制までよく知らないと、あなたに過剰な負担がかかってくるということが有るわけです。 コンサルタントさんは、そういう求人の書類上には出てこない、見えない裏事情についてもよく知っていますし、相手先の病院にも調査を入れています。

また、「夜勤専従」の求人が増えたということは、それだけ競争率も高いということです。 上に書いたような、「やむを得ない事情」でそれを選択したということを、正確に相手先に伝えなければ、採用は難しくなります。 通常のシフト勤務では働けない事情を分かってもらえないと、なぜ通常の勤務ではだめなのかということになるからです。 コンサルタントさんは、そういう細かなアドバイスをしてくれますから、利用してみる価値は高いのです。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる


▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2015 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.