看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

※「夜勤なし」の求人情報を効率良く探すには、ページ下部のランキングをご参考に

労働条件で選択 夜勤なし

人の働き方で理想的なのは、やはり「日中働いて夜休息する」ということです。 人類の歴史を紐といてみても、「夜働く」というのは主に近代以降に定着したものです。 近代の大量生産を目的としたシステムは、夜の時間も生産活動をするという人間にとって不自然な働き方を強要するようになりました。 それにあわせて、病院などの医療機関も、どんどん24時間体制を取るようになり、 2交替制や3交替制などの、元は工場などで採用されていたシフト体制が、病院でも採用されるようになりました。

日本などの先進国では、労働意識の高揚と共に、機械化なども進んで、生産の現場では逆に夜勤体制などは縮小傾向なのに、 病院などの医療機関では生活の24時間化に合わせて、どちらかというと、シフト体制での夜勤というのが常態化しています。 看護師として働く上では、夜勤は避けて通れないというところがあります。

入院患者さんに、昼も夜もありません。夜に容態が急変することもありますので、シフトでの看護体制は必至です。 その為、ドクターや看護師さんに夜勤の負担をさせて、緊急事態に備えているのですが、

そうは言っても、看護師にも人権はありますので、無理な強要は出来ないはずです。 今までは、少数で看護体制を維持することが普通だったので、 その為に各自の負担が大きくなって、お互いに楽が出来ないよう、縛り合っているという感じが蔓延してました。

しかし、看護師の不足が言われるようになって、各病院も労働条件を変えてでも看護師を確保しなければならなくなりました。 診療報酬の見直しなども、それに拍車をかけている状態で、 「日勤だけ」「夜勤だけ」など、フレキシブルな対応をしてくれる病院が増えました。

「夜勤なし」という働き方は、今まではNGに近かったわけですが、今では多くのところで採用してくれます。 転職情報サイトに無料で登録すると、コンサルタントさんがあなた専任で付いてくれますので、遠慮無く、そのような条件を相談してみると、親切にたくさんの情報を出してくれます。 働き方もまちまちですが、常勤はもとより、派遣でもパートでもアルバイトでも対応は可能ですから、 あなたのライフスタイルに合わせた働き方で選択すると良いと思います。

「夜勤なし」は確かに収入の減少を招きますが、たくさんの収入を得なければやっていけない人も少ないはずです。 その為に自分の生活や健康を犠牲にしないということが、これからの主流になるのではないでしょうか。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる


▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2015 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.