看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

小児外科の求人募集

小児科と小児外科は違うものです。小児科はどちらかというと内科よりと考えればわかりやすいでしょう。そして小児外科とはその名前の通り、子どもを対象とした外科なのです。人間の身体の構造は子どもも大人も変わりないものなので、外科ですべて担当すれば良いのではないかと思うかもしれません。しかし子どもの身体だからこそ大人の時と同じ対応はできないということがあります。そんなときのための小児外科ということです。

小児外科では、生まれてすぐの赤ちゃんから15歳以下の子どもを診ます。ただし外科であっても特殊な技術を必要とする専門科目にお願いすることはたくさんあります。心臓外科、脳神経外科、形成外科の領分にある治療は、小児外科では担当しません。

小児外科で取り扱う症例として多いのが、先天性の病気です。先天異常からさまざまな病気が複雑に重なり合っていて、それが原因でなかなか治療ができない。そんなときに小児外科で手術が行われるのです。子どもを対象とした診療科ということに違いはありませんが、通常の小児科とはこういう部分で違いがあるのです。

小児外科の看護師は、病気の治療について不安を感じている子どもの精神的なフォローをしていくことが求められます。それは子どものみを対象にしたものではなく、その家族も含まれます。子どもが生まれたばかりの家庭で、先天的な問題が見つかってしまい手術が必要になる。そんな状態での家族の不安は計り知れません。その中で家族を元気づけることも看護師には求められるのです。

小児外科の求人募集自体は、それほど多くありません。小児科ならともかく、小児外科ともなるとそれほど数は多くないからです。その中で小児外科の求人募集を探していくなら、求人情報を専門的に取り扱っているサービスを活用していきましょう。情報がより多く集まっているところを利用するだけで、手に入れられる情報の数は大きく変わるからです。

小児外科で働きたいけど、しっかりやっていけるのか不安に感じているという人は、キャリアコンサルタントへ相談することもおすすめします。自分の経験でやっていけるのか、しっかりと学んでいける環境があるのかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

子どもは身体が小さいというだけではなく、体力的な問題からも手術は大事です。その中でしっかりと現場をサポートしていく仕事をしたいなら、まずはこういう部分から考えていきましょう。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.