看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

国立病院の求人募集

国立病院は、厚生労働省が直接経営している病院施設で、国立病院の統廃合を経て2004年以降はその多くが独立行政法人国立病院機構に移行しています。厚生労働省所管の旧国立病院・療養所を引き継ぐ形で発足し、全19分野にもわたる政策医療の実施を業務内容としています。医療業務のほかにも医療に関する調査や研究、医療技術者などの育成も目的のひとつとなっています。これは、国が管理・統括する病院であるがゆえに可能なことです。

国立病院は全国に140以上もの病院ネットワークを持っており、いうまでもなく日本最大規模の医療グループとなっています。日本全国を6つの地区(北海道東北、関東信越、東海北陸、近畿、中国四国、九州)に分けて統括されています。それぞれの地区には事務所が設置されており、管轄内の病院と連携しながら、看護師向けの求人情報の提供や合同説明会なども適宜、開催されています。

国立病院の看護師の求人倍率は非常に高く人気があります。その理由の一つとして挙げられるのが安定した給料体系です。ベースとなる基本給の他に、業務によって支給される諸手当や生活給手当がプラスされて支給されます。一般的な手当は、地域手当、住居手当、通勤手当ですが、ほかにも、業務内容に応じて、特殊業務手当、夜間看護等手当、超過勤務手当、専門看護手当などが支給されます。その中で、専門看護師や認定看護師に支給される専門看護手当は、国立病院機構独自の手当です。また、ボーナスは年間に約4カ月分が支給され、昇給は年1回あります。さらに、当該年度の医業収支の実績が良い病院では「年度末賞与」が支給されることもあります。このように、国か直接運営している病院ということで、さまざまな手当や賞与が整備されています。

各国立病院が開設しているホームページでは看護師の求人案内が掲載されていることがあるようです。国立病院への勤務を希望されるのであれば、自分でホームページを探してじっくりと見ることも一つの方法でしょう。しかし、今現在看護師として働いていて国立病院への転職を考えている人もいることでしょう。その場合、国立病院への転職の意思があっても日々の業務で忙しく、自分に合った条件の国立病院をなかなか探す時間を持てないのではないでしょうか。こうした場合に役立つのが求人サイトの活用です。「ナース人材バンク」「ナースではたらこ」「マイナビ看護師」といったサイトで手軽に自分の条件に合った求人を探し出すことができます。

看護師求人エージェント ※最新人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.