看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

准看護師の廃止問題

医療と看護業界において、かなり長い年月議論をされているのが准看護師の廃止問題です。しかし、実際に看護師として現場で働く人でないと、なぜ准看護師の廃止が議論となるのかそもそも理解できないということもよくあります。准看護師廃止問題が起こったのは、一体どのような背景からなのでしょうか?それは、准看護婦制度が誕生した昭和26年からの長い歴史の流れが大きく関係しています。

もともと准看護師という制度ができた理由は、戦後に病院数が急増していくなかで看護師(当時は看護婦)の不足を補うためでした。准看護師という名前が出来る前にも「乙種看護婦」という正看護師と資格の種類を区別する看護婦制度がありました。 「乙種看護婦」制限の場合には業務内容となる医療行為の範囲にも正看護師と明確な区別がありましたが、准看護師という制度になったときにはそれら医療行為の範囲は撤廃されています。准看護師とは当時の乙種看護婦にも正看護師と同じ仕事内容ができるようにするためになされた変更とも言い換えることができます。

准看護師の撤廃が議論されるようになってきたのは、平成に入ってからのことです。 以前からマスコミなどの論調としてたびたび准看護師制度の問題点は指摘されてきましたが、平成9年12月になってようやく厚生省健康対策局長と日本医師会長の間で准看護婦制度についての覚書がかわされました。そのときに正式に、准看護師制度の維持の方向が明確に示されています。ついで平成13年3月には政府の閣議が准看護師の資格制度の廃止は困難であるという答弁書を了承したことで、この問題は一定の落ち着きを見せるようになりました。准看護師制度の反対を強硬に反対しているのは日本医師会です。これは単純に正看護師よりも安価な賃金で雇用ができる准看護師の存在が必要であるためです。しかしながら、業務内容がほとんど正看護師と変わらないのに、資格の種類が違うために賃金に差が付けられてしまう准看護師の問題は、今後も定期的に浮上することが考えられます。

しかしよりよい就職先を求める看護職希望者は多く、准看護師として働く人は自然に減少傾向にあることもまた事実です。准看護師としての利点を生かし、パートやアルバイトとして一時的な勤務を希望する人もまた多く見られます。准看護師の就業先探しには、ナースではたらこ、ナース人材バンク、マイナビ看護師など大手看護師人材紹介サービスの利用が大変便利です。

↓ 准看護師の求人なら以下のエージェントを活用しよう ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.