看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

准看護師にできない業務

准看護師はここ数年内に急激に就業者数が減少してきています。一昔前までは、看護師といえば准看護師のことを指すほど、准看護師の就業者数は大変多いものでした。それがここ近年の間に看護師にも主体的な判断をもって働いて欲しいという医療業界全体においての意識の変化が起きたことで、就業する看護師と准看護師の比率に逆転が起きました。医療の現場の仕事においては、普段はそれほど准看護師と看護師で行う業務内に差があるわけでなくても、いざというときにとっさの判断で行動ができるという点で、看護資格の方がより世の中のニーズにあった資格とされているようです。

具体的に准看護師では行うことのできない業務とはなんでしょうか。准看護師の定義は「都道府県知事免許を受けて、医師・歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう」となっています。対して看護師の定義は「厚生大臣の免許を受けて、病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう」です。つまり、具体的に何らかの医療行為そのものが規制されているわけではなく、主体的な指揮権などを持って看護行為ができるかどうかというところに差があるというわけです。准看護師にはそれがないため、昇進そのものができないということになります。

現在准看護師として働く人に、仕事に対しての不満を聞いてみるとよく回答されるのが「看護師と同じ仕事をしているのに、准看護師というだけで給与が安い」「長く勤務しているのに、途中から入ってきた看護資格の人だけが昇進していく」ということです。同じ医療機関の中に看護師と准看護師が混在している場合にはこのような差異による不満が出やすくなってしまうようです。反対に、看護師・准看護師いずれかしかいないような職場であると、みな平等に評価がされることが前提となるので、所有資格に起因する不満は出にくくなります。

就職後に、所有資格による人間関係のいざこざに巻き込まれるのは大変につらいことです。長く勤務をしたいと思うのであれば、その看護師と准看護師の就業比率を調べておくとよいかもしれません。自分で事前に確認がしづらいということであれば、大手求人情報サイト(マイナビ看護師、ナースではたらこ、ナース人材バンクなど)を利用してエージェントに確認をしてもらうという手段もあります。

↓ 准看護師の求人なら以下のエージェントを活用しよう ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.