看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】

准看護師の学校と学費

准看護師になるには、都道府県知事免許の交付を受けなくてはいけません。准看護師になりたいと思うなら、一番早いのは准看護師養成所である専門学校に進学することです。准看護師養成所は中学卒業以上の学歴のある人なら受験資格があるので、進学して2年間勉強や実習を経ることで准看護師の資格を取得することができます。最短なら18歳で准看護師資格の取得が可能です。准看護師養成学校卒業後に看護師の養成学校に進学することも可能です。その進学過程(第二看護学科)に進む場合、更に2〜3年の勉強期間を経て看護師資格試験を受けることになります。

准看護師養成学校への進学の他にも、高校の衛生看護科に進むという方法もあります。衛生看護科がある高校は全国にそれほど多いわけではありませんが、科のある高校を受験して勉強をすれば、3年で准看護師資格、5年で看護師の受験資格を得ることができます。その場合も最短なら准看護師は18歳、看護師は20歳で取得が可能です。反対に一度他の学校を出てから看護師を目指す場合には、特に年齢に上限は設けられていません。ほとんどの准看護学校は中学卒業以上の学歴があれば誰でも受検をすることができるとされています。受験科目は少なく、中学校で習うレベルの問題として出題されます。

准看護学校に通う場合、学費はその学校によってかなり幅が出ます。しかし准看護学校は私立学校であることがほとんどなので、やや高額になることはあらかじめ知っておいた方がよいでしょう。平均的な看護学校の学費をみていくと、おおよそ入学金は10〜25万円程度、授業料は年間30〜50万円(×在籍年数)、維持費などが別に10万円程度かかるとされています。授業料の他にも実習費や教材費が必要に応じて徴収されることになります。

准看護師になりたいという人のための奨学金制度もあります。奨学金制度は各都道府県や市区町村といった自治体によって行われていることが多く、養成所に在籍する間学費などを貸与してもらうことができます。自治体以外にも独立行政法人や日本学生支援機構の行う奨学金、民間企業や銀行などからの教育ローンなどもあるので自分にあったものを選んで利用をすることができます。奨学金がもらえるようになれば、毎月の授業料のほぼすべて負担をカバーすることができます。准看護師養成所を卒業後に就職希望する場合は、勤務先となる医療機関などを学校を通じて紹介してもらうこともできます。

↓ 准看護師の求人なら以下のエージェントを活用しよう ↓

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細

ナース人材バンク
>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 首都圏
関西・東海
★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む


 >>> ランキングの詳細をもっと見てみる

▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師求人ランキング 【※人気の求人サイトをご紹介】 All Rights Reserved.